2015.04.17

山中慎介の「神の左」は、どうして避けられないのか?

  • 原 功●取材・文 text by Hara Isao  photo by AFLO

 WBC世界バンタム級チャンピオン、山中慎介(帝拳)の勢いが止まらない。4月16日、大阪府立体育会館で行なわれた8度目の防衛戦で、同級7位の挑戦者ディエゴ・サンティリャン(アルゼンチン)を子ども扱いしたすえ、7回KOで一蹴。これで戴冠試合を含めた9度の世界戦は、全勝7KOという圧倒的な強さを誇っている。

またも左ストレートでダウンを奪って勝利した山中慎介(右) 特筆すべきは、ダウンを奪ったパンチのほとんどがサウスポースタンスから繰り出す左ストレートであることだ。相手にしてみれば、飛んでくるのが分かっているはずのパンチだが、それでも被弾してしまう。山中の絶対的な切り札となっている「神の左」は、なぜ避けられないのだろうか。

 山中は2011年11月に今の王座を獲得したが、その試合を含めた9度の世界戦の相手と結果は以下のとおりだ。

クリスチャン・エスキベル(メキシコ)=11回TKO/2度
ビック・ダルチニアン(アルメニア/オーストラリア)=12回判定
トマス・ロハス(メキシコ)=7回KO/1度
マルコム・ツニャカオ(フィリピン)=12回TKO/3度
ホセ・ニエベス(プエルトリコ)=1回KO/1度
アルベルト・ゲバラ(メキシコ)=9回KO/3度
シュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)=9回TKO=/4度
スリヤン・ソー・ルンヴィサイ(タイ)=12回判定/3度
ディエゴ・サンティリャン(アルゼンチン)=7回KO/2度