2015.02.11

ボクシング新時代。世界に最も近いプロ4戦の「19歳コンビ」

  • 原 功●文 text by Hara Isao  photo by AFLO

2月特集 2015年躍動するホープたち(1)

 9度防衛の内山高志(WBA世界スーパーフェザー級/ワタナベジム)、V7の山中慎介(WBC世界バンタム級/帝拳ジム)、そして昨年末に劇的なKOで2階級制覇を果たした井上尚弥(WBC世界ライトフライ級・WBO世界スーパーフライ級/大橋ジム)など、日本ボクシング界は9人の世界王者を擁して2015年を迎えた――。そんな中、今年はさらにチャンピオンが増えそうな気配だ。

世界チャンピオンの井上尚弥を兄に持つ、2歳年下の井上拓真 その期待を背負う一番手と目されるのが、東洋太平洋ミニマム級王者の田中恒成(畑中ジム)と、ライトフライ級で世界ランク入りしている井上拓真(大橋)の19歳コンビだ。このふたりは高校時代からのライバルで、プロ転向後も激しい出世争いを展開している。

 田中が4戦全勝2KO、井上が4戦全勝1KOと、ふたりともプロでのキャリアは浅いが、中身は極めて濃い。そして、そのポテンシャル(潜在能力)の高さには、目を見張るものがある。今はまだ世界先陣争いの印象が強く、話題先行の感もなきにしもあらずだが、近い将来の日本ボクシング界を背負って立つ逸材であることは間違いない。いつの日か、世界の舞台でライバル関係に決着をつけるときが来るのかもしれない。

 そんな両ホープに共通しているのは、たしかな下地と、意識の高さ、そして恵まれた環境である。

 田中恒成は小学5年生のときにジム通いを始め、中学では15歳以下を対象とした全国大会「U-15」に3年連続で出場。1年次と2年次は敗退したが、3年のときに全国制覇を果たした。進学した中京高校ではインターハイ、2度の国体、選抜大会を制して高校4冠を達成。活躍の場は国内に留まらず、2012年には世界ユース大会にも出場して準決勝まで駒を進め、翌年のアジアユース大会では銀メダルを獲得した。