2014.04.16

【ボクシング】長谷川穂積インタビュー「俺は、俺に勝ちたい」

  • 水野光博●構成・文 text by Mizuno Mitsuhiro 作田祥一●撮影 photo by Sakuta Shoichi

 WBC世界バンタム級王座を10度防衛し、「絶対王者」と称された長谷川穂積が5年間保持したベルトを失ったのは2010年4月――。フェザー級に階級を上げて再起を期すも、ファン・カルロス・ブルゴス(メキシコ)とのタイトルマッチのわずか1ヶ月前に、長く闘病生活を送っていた最愛の母が逝く。そんな逆境すら乗り越え、長谷川は同年11月、WBC世界フェザー級チャンピオンとなった。しかし翌年の2011年4月、ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)との初防衛戦で王座陥落。

 進退を決めかねるも、「もう一度、チャンピオンに」と、スーパーバンタム級への転向を決意。しかし、チャンスは巡ってこない。待つこと、3年......。ついに、その時が来た。4月23日、大阪城ホール。33歳の長谷川穂積(37戦33勝4敗15KO)は、IBF世界スーパーバンタム級のベルトを、そしてボクシング人生のすべてをかけて、王者キコ・マルチネス(スペイン/30勝4敗22KO)と拳を交える。

3年待って、ついに実現するタイトルマッチ。現在の心境を長谷川穂積が語ったグローブを置くのも、
そう遠くはない

――待ち焦がれた世界戦が、ついに決まりました。

長谷川穂積(以下、長谷川) 嬉しいですね。今年の春までに世界戦が実現しなければ、「引退」というリミットを自分の中で設定していたので。気持ちが切れるのが先か、試合が決まるのが先か......。ギリギリ間に合った感じです。ただ、IBF(国際ボクシング連盟)は最も避けたかった団体。他の団体にはない、当日計量がありますからね。でも、決まったからには、そこは割り切りました。

――引退すら脳裏をよぎったのは、33歳という年齢が関係していますか?

長谷川 そうですね。30歳を越えてから、すごく焦るようになって......。やっぱり、年齢の問題はデカい。20代ならいいでしょうけど、30歳になってからは1年、1年が大事。どうやって年齢とうまく付き合っていくかが、今も課題です。

――それは、身体能力の低下を実感しているということですか?

長谷川 スピードが落ちたとか、そういうことは感じないです。ただ、疲れの取れにくさは、むちゃくちゃ実感しています。だからと言って、今までは、『この辛い練習に耐えるから、試合で勝てるんだ』と言い聞かせてやってきたわけで。しんどくてもやってきたことをやらなくなったら、それはサボりになるのか、オーバーワークにならないためのコンディション作りになるのか、その線引きが難しい。