2021.04.12

今季、輝いた注目の女子バレーボーラー10人。華麗なプレーでファンを魅了

  • 高井みわ●文 text by Takai Miwa

 2020-21シーズンの「V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN(V1女子)」はJTマーヴェラスの優勝で幕を閉じ、日本代表に選出されたメンバーは合宿をスタート。代表メンバー以外でも、シーズン終了後に3月28日まで開催された「V Cup」で奮闘し、5月の黒鷲旗大会、来季以降の活躍が期待される選手たちが多い。今季のプレーから、東京五輪や、今後に注目したい女子バレーボーラー10人を紹介する。

photo by Kurobane Shirophoto by Kurobane Shiro ■籾井 あき(もみい・あき)
所属:JTマーヴェラス セッター・176cm
2000年10月7日生まれ 神奈川県出身 八王子実践高

 2019-20シーズンのVリーグ開幕戦で、ルーキーながらいきなりスタメン出場を果たして話題に。それ以降も出場を続けてチームが優勝すると、翌年も正セッターとして2連覇に貢献した。今年は期待の大型セッターとして、日本代表に初選出されている。

 勝負強さ、ハンドリングのよさに定評があり、高校1年までアタッカーだったことからツーアタックも得意。高校まではペルー国籍だったが、JT入団を機に日本国籍を取得した。国籍の関係でアンダーカテゴリーの日本代表でプレーしたことはなく、国際経験を積むことが課題だが、大きな舞台で躍動する日を楽しみに待ちたい。