2021.01.29

「バレーボール界はまだ活発じゃない」西田有志がYouTubeを始めた意図

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • 火野千鶴●撮影 photo by Hino Chizuru

スーパーエース・西田有志 
がむしゃらバレーボールLIFE(18)
 第17回を読む>>

 バレーボール日本男子代表の若きエース、西田有志(ジェイテクトSTINGS)。これまでのバレー人生と現在の活動について追う人気連載の第18回は、2020年12月6日に開設した公式YouTubeチャンネル(『YUJI NISHIDA CHANNEL』)での活動について聞いた。

スタメン発表時に、チームメイトと体をぶつけ合う西田スタメン発表時に、チームメイトと体をぶつけ合う西田 ***

――日本のバレーボール選手が、個人でYouTubeチャンネルを開設する例はあまりないと思いますが、どんなきっかけがあったんですか?

「今夏に東京五輪が開催予定ですし、バレーボールのことをもっと知ってもらいたかったので『始めてみよう』と。YouTube では動きや声などでより"リアル"を伝えやすいですから、いつも観客席から見ていただいているバレーボールを、選手に近い目線で感じてもらえるんじゃないかと思っています」

――チャンネル開設前から、サイトにアップされていた西田選手のプレー動画は再生数が多く、海外の視聴者もたくさんいる印象があります。

「YouTubeは世界中どこからでも見られますからね。もちろん日本の方たちにも動画を見てもらいたいんですが、僕を応援してくれている海外のファン、まったく僕を知らない人にも届けたい。海外の視聴者からは『タイトルを英訳してほしい』『英語の字幕をつけてほしい』といった要望があるので、できるだけ応えていきたいです。まだチャンネルを開設して間もないですけど、そういう積み重ねで広がっていったらと思います」