2020.11.06

新鍋理沙が明かした引退までの苦悩。
そして今後と昔の夢「結婚」について

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

女子バレー稀代のオールラウンダー
新鍋理沙が歩んだ道(6)


 元女子バレー日本代表・新鍋理沙のバレー人生を、本人の言葉と共に辿る短期連載。それを締めくくる第6回は、引退を決意した経緯と今後について語った。

選手を引退して新たな道を歩み始めた新鍋理沙 photo by Kimura Masashi 6月20日、「新鍋理沙選手が現役を引退する」という発表で女子バレー界に激震が走った。

 その9日後の者会見に白いワンピース姿で現れた新鍋は、涙ぐむこともあったが、基本的には晴れやかな笑顔で記者の質問に応じた。そこで「私にとって1年は長すぎました。絶望でしかなかった」と語ったように、引退の理由は東京五輪の延期だった。

 2019-20シーズンのVリーグ終了後、代表合宿中に右手の人差し指の親指側の靭帯を縫い縮める手術を行なった。その後はリハビリに励んだが、手術の約1カ月前に決まった東京五輪の1年延期が心に重くのしかかった。

 新鍋は当時の心境をこう振り返る。

「現役生活を一番長く続けたとしても、(2020年に開催予定だった)東京オリンピックまでと決めていました。その12人のメンバーに選ばれたら、どこをケガしていようが、チームに貢献できるように自分ができることを全力でやろうと。だから延期が決まった時、最初は何も考えられませんでした。

 それでも、大会が延期にならなければ『やらずにそのままいこう』と思っていた右手の指の手術も、1年後に向けて受けることにしました。チームのトレーナーさん、ドクターさんなどといろいろ相談して決めたことですが、リハビリを進めるうちに『以前のようにオーバーパスができるのか』といった考えが浮かぶようになって......。元どおりどころか、自分が納得できる最低限のプレーもできないんじゃないか、という不安が大きくなり、引退という決断をしました」