2020.01.10

黒後愛と石川真佑が本音で語る。
互いの特長や課題、高校時代の裏話

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari
  • 谷本結利●撮影 photo by Tanimoto Yuuri

――ファイナルラウンドの目標と、それに向けての個人の課題はありますか?

黒後 もちろん目標は優勝ですが、目の前の試合を大事に戦って、その先に優勝があればいいと思っています。個人的には、守備を安定させることが大前提。攻撃面では、今シーズンは試合が進むにつれて打数が減ってしまう場面が多いので、積極的にトスを呼ぶなど、攻撃参加への意識を高くしたいです。

石川 私も先を見ずに1試合ずつ戦っていきたいです。個人の課題としては、苦しい時に上がってきたトスを決められる強さが必要ですね。また、得点が決められなくて苦しくなった時に、全部のプレーがだめにならないようにしたい。スパイクが決まらなくなっても、レシーブやサーブなど、どんな形でもいいからチームに貢献したいです。

――少し先になりますが、東京五輪への意気込みも聞かせてください。

黒後 東京オリンピックは、正直、自分が出られるというイメージがまったくありませんでした。高校生の時も「全日本に入りたい」という夢はあったんですけど、今の自分の年齢でメンバーに入れると思っていませんでしたから。

 東京でオリンピックがあるというのは運命的なことだと思いますし、誰でも経験できることではありません。そのチャンスがあるからには、絶対に五輪の舞台でプレーしたいです。それを達成するために何が必要なのかを自身に問い続けて、毎日を大事に過ごしていきたいと思います。

石川 もちろん東京五輪を戦うメンバーに入れたらうれしいです。でも、そのためにはもっと成長しないといけません。ワールドカップでいい経験をさせてもらいましたが、今の自分には満足していないですし、リーグが終わってからの過ごし方も大切になると思います。時間を無駄にせず、五輪出場に少しでも近づけるように頑張ります。

関連記事