2018.11.21

新鍋理沙も黒後愛の度胸に驚き。
「私の時は助けてもらってばかりでした」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

 従来のV・プレミアリーグやV・チャレンジリーグI・IIを再編成し、新しい大会としてスタートした「V.LEAGUE」。その初代女王の座を狙う、久光製薬スプリングスの注目選手のひとりが、全日本でも活躍する新鍋理沙だ。

 昨年、全日本に2年ぶりの復帰を果たし、”守備の要”として中田久美監督からの信頼も厚い新鍋は、今年度の中田ジャパンの戦いで何を得たのか。アジア競技大会や世界選手権を経ての成長と、名門・久光に戻って臨む新リーグへの抱負を聞いた。

久光でも主力として活躍する新鍋 photo by Horie Joe――今年度の全日本は、世界選手権で6位と健闘しました。その前のアジア競技大会では、中国、タイ、韓国に遅れをとる4位と苦しみましたが、その大会で得たものは?

「アジア大会はいい結果が残せなくてすごく悔しかったです。自分自身も十分に貢献できたとは言えなかったと思います。試合に途中から入る場面が多かったんですが、それまであまり経験がなかったので、気持ちや体の準備をどうすればいいのか手探りなところがありました。どんな場面で出てもやるべきことはやらなくちゃいけないことを再認識しました。

 アジア大会後は、(岩坂)名奈を中心にチーム内で『テーマを持ってやろう』という目標を立てました。ポジション別に、たとえばサイドであれば『ノータッチでサーブを落とさない』『攻撃ではブロックアウトを取る』といったように、1、2個のテーマを決めて練習に取り組んだんです。具体的なイメージを持って練習できたことが、チーム力のアップにつながったんだと思います。勝つためにどうするべきか、みんなで突き詰めました」

――アジア大会での悔しい思いが、チームを進化させたわけですね。

「『このままじゃいけない』という危機感が、チームに一体感を与えてくれました。合宿でもいろんな練習パートナーの方に協力してもらって、すごくいい練習ができていましたから、世界選手権はいいイメージを持って開幕を迎えることができました」

――その世界選手権で、新鍋選手は初戦のアルゼンチン戦や、3次ラウンド進出がかかったブラジル戦など、「大事な局面」で起用されているように感じましたが。

「負けていい試合はありませんから、『大事な局面』という意識は自分の中にはありません。ライトで起用されたのは私と(長岡)望悠で、求められていることが違う。それぞれが自分の役割を果たすこと、コートに出ていない時でもチームをしっかり支えることだけを考えていました」