2016.10.21

Vリーグ開幕! 東京五輪のキーマン、
柳田将洋がこんなに変わった

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari  大森 大●写真 photo by Ohmori Dai

──昨シーズン、入替戦に回ってしまった理由をどう考えていますか?

「理由は......自分たちは攻撃を強みとしていながら、では、それをどうやって生かしていけばいいかという戦術的な部分が明確になっていなかったと思う。そこが去年よりは明確になっているので、昨季よりは自信を持ってリーグに臨むことができます」

──昨年、Vリーグデビューで戸惑ったところはありましたか。

「代表戦と違いはあんまりなくて......。国内リーグもレベルが高いと僕は思っていて、実際厳しい戦いでした。そういう意味ではV(リーグ)も勉強になる。毎試合毎試合いい経験をさせてもらっているなと思っていました」

──リーグ開幕に向けて一番力を入れているのは、どういうところになりますか?

「やっぱりコミュニケーションをもっととらなければ。言いたいことをもっと言い合っていかなければならないと思います。去年はまだ遠慮するところがあった。でも今は、しっかりチームの中で主張していくことが大事だと言い聞かせています。そうすることで、僕自身が何を考えているか、だんだん理解してもらえる。

 技術面ではレシーブを課題と考えていますし、戦術面では、(監督に)言われたことをきちんとできるようにしないと」

──チームでの役割として、柳田選手はどんな部分を求められているのでしょう?

「コートに誰が立つかによって、若干変わってくると思いますが、守備よりは攻撃を期待されている立場だと思っています。対角になる選手や指示された内容によって変わってくるでしょうけど。基本は守備メインではなくて、攻撃。攻撃で結果を出せなければ、このポジション(レフト)に置いてもらえないという意識はあります」