2015.09.08

【男子バレー】中垣内祐一がエール。「W杯で負けグセをつけるな!」

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

――NEXT4の中でも一番実力があると思われる、イタリアセリエA1の強豪モデナに留学していた石川祐希選手(中央大)についてはどう思われますか。フジテレビの番組内では「史上最高の逸材」というキャッチコピーが付いていますけど。

中垣内 春高(※2)の時から知っていて、もちろんフォームのきれいな、能力も高い選手だということはいえる。でも、モデナに留学したとはいっても、じゃあ世界のトップの選手の中で同じようなプレーが今できているかといえば、まだまだ、そこまではいっていない。史上初高校6冠とか、モデナ留学とかということを、当然メディアや観ている人は注目してくれるわけだけれども、それに溺れることなく、この大会を通して、本当に世界に通用する選手になるために、大いに成長してもらいたいな。
※2 全日本バレーボール高等学校選手権大会。以前は名のとおり、3月末の春休みに開催されていたが、2011年以降1月上旬に行なわれるようになった

――筑波大学の後輩で、全日本時代のガイチさんの背番号3をつけ、同じポジションの高橋健太郎選手に期待することは?

中垣内 さっきも言ったように、この大会はすごく長丁場で、コンディションを保ち続けることが大変なわけ。同じオポジットの清水(邦広・パナソニック)も、もうベテランだし、ずっとベストなコンディションのままでいるのは不可能に近い。だから、高橋には少しでも清水の負担を減らすためにも、自分のプレーをアピールしてコートに立つ時間を増やしてほしい。高さとパワーはあるから、あとは経験だな。

――ワールドカップ、この選手に注目してみてほしいという選手は?

中垣内  やはり若い選手に注目してほしいね。NEXT4でもやや影が薄いミドルブロッカーの山内なんかは、あの身長の割に動けているし、注目しています。