2015.01.04

【バレー】明日開幕! 春高バレーには好素材がいっぱい

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

“春高バレー”として親しまれている全日本バレーボール高等学校選手権の本戦が、1月5日から東京体育館で行なわれる。1970年から41年間3月に開催されてきたが、3年生の参加のために今の時期になった。春高バレーの愛称は変わらない。

今大会、女子の本命は、インターハイ出場わずか3回目にして初優勝を成し遂げた大阪の金蘭会。注目選手はインターハイでチーム最多得点を挙げ、10月のアジアユースでも日本優勝の原動力となってMVPを獲得した1年の宮部藍梨(182cm)。ナイジェリア人の父と日本人の母を持つ。2020東京五輪に向けての育成プロジェクト、「チーム・コア」にも選ばれている。しかし、金蘭会はアジアユースと日程が重なった長崎国体(※)でも、宮部抜きで優勝。総合力の高さを見せつけた。
※第69回国民体育大会 長崎がんばらんば国体2014

 この金蘭会を倒す筆頭候補は、インターハイ決勝で戦った熊本信愛女学院か。2年連続で全日本シニアに登録され、「木村沙織2世」の呼び声も高い古賀紗理那がエースとしてチームを牽引する。彼女ももちろん「チーム・コア」のメンバーだ。181cmでレセプション(サーブレシーブ)にも入り、全日本の眞鍋政義監督にも「センスがある」と認められた大型ウィングスパイカー。

全日本の眞鍋監督も注目する、将来性 豊かな熊本信愛女学院の古賀紗理那

 前々回の春高ではベスト4に入ったが、昨年はまさかの一回戦負け。1年の時から注目を浴び続けてきた彼女は、しかしながら、まだ高校で全国制覇のタイトルを持っていない。この春高が最後のチャレンジとなる。

 「インターハイは2年連続で準優勝に終わりました。決勝の、最後の壁をどう乗り越えるか。しっかりと戦いたい」と力強く宣言する。