2014.08.26

【女子バレー】眞鍋ジャパン新戦術で、宮下遥が覚醒

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

 8月24日、有明コロシアムで5日間にわたって開催された、ワールドグランプリ2014ファイナルラウンドが幕を閉じた。日本は最終戦でブラジルに敗れたものの2位となり、この大会(28ヵ国が参加)で初のメダルを獲得。今大会では、新戦術「Hybrid6」を採用したことも話題を集めた。

ファイナルラウンドでの活躍が目立ったセッターの宮下遥 オリンピック中間年の今年は、秋に男女世界選手権が行なわれ、ワールドグランプリはその前哨戦といってよい。ピーキングのこともあり、各国様々な思惑が入り乱れる中での大会となった。中国は予選ラウンドに出場していた195cmのシュテイら主力を数名、表向きは「故障のため」ということで休ませた。

 ただ、前回の覇者(この大会の最多優勝者でもある)ブラジルは、ガチガチの本気メンバーだった。ファイナルラウンド緒戦でトルコに敗れるという波乱があったものの、その後は調子を取り戻し、優勝決定戦となった最終戦では、経験の違いを見せつけられる形となった。

 日本は予選ラウンド5連敗でスタートし、そこから8連勝。新戦術を実戦で試しながらの成績としてはまずまずだが、ブラジルにはロンドン五輪準決勝以来、4試合対戦して1セットもとれていない。昨年のグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)でも、組織的なブロックを行なうブラジルとアメリカにはMB1(※)は通用しなかった。今大会のHybrid6でもそれは同様だった。

※通常は2人置かれるミドルブロッカー(MB)を1人に減らし、代わりに対角にウィングスパイカーを配置する作戦