2021.02.09

大坂なおみ、2回戦も優位は揺らがず。初戦で見せたトッププレーヤーの勝ち方

  • 神 仁司●文 text by Ko Hitoshi
  • photo by AFLO

 大坂なおみが、全豪オープンでグランドスラムタイトルホルダーとして、ふさわしい最高のスタートを切った。

全豪オープンで最高のスタートを切った大坂なおみ 1回戦からセンターコートにあたるロッド・レーバー・アリーナのオープニングマッチに組まれ、第2シードの大坂(WTAランキング3位、2月8日づけ/以下同)は、アナスタシア・パブリュチェンコワ(39位、ロシア)を、6-1、6-2で破り6年連続の2回戦進出を決めた。

 2021年全豪オープンは、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日程が変更されて3週間遅れの開催となった。さらに、オーストラリアは、入国者全員に新型コロナウイルス感染症対策として14日間の検疫期間を課したため、大坂は入国後にアデレードで隔離生活を送った。

 隔離後、アデレードでセリーナ・ウィリアムズとのエキシビションマッチを終えてメルボルンに移動。全豪オープンと同じ会場のメルボルンパークで開催された前哨戦に出場して3試合を勝ち抜き、ベスト4に進出。肩の違和感が再発したため準決勝を直前で棄権したが、過密日程だったことを考えるとその判断は賢明であった。

 あくまで大坂は照準を全豪オープンに定めている。ただ、今回でグランドスラムの本戦出場回数が18回目になっても、1回戦前の緊張は変わることはないと言う。

「グランドスラムはいつも楽しみにしています。たぶん1回戦は、とてもナーバスになると思う。いつもそうなっているし。ここ数日間試合で自分のプレーができて、大きな自信を得ることができました。私が勝っても負けても、世界は回り続けますから、楽しむべきだし、自分ができる限りのことをトライしなきゃいけない」