2020.09.05

大坂なおみ「今の私は違う人」。
抗議行動もモチベーションにつなげている

  • 神 仁司●文 text by Ko Hitoshi
  • photo by Reuters/AFLO

 USオープン3回戦で、第4シードの大坂なおみ(WTAランキング9位、8月31日づけ/以下同)が、マルタ・コスチュク(137位、ウクライナ)を6-3、6-7、6-2で破って、3年連続で4回戦進出を決めた。結果としては大坂が経験の差を見せつけて、18歳の若手を退ける形になったが、勝負を決めるまでに2時間33分を要した。

前哨戦で痛めた左脚が痛々しいが、気持ちを立て直し勝利した大坂なおみ コスチュクは、女子テニス界で将来を嘱望されている若手のひとりだ。14歳の時に出場した2017年オーストラリアンオープンのジュニアの部で優勝し、2018年オーストラリアンオープンでは、予選から勝ち上がって3回戦に進出する快進撃を見せた。今回のUSオープンは、2回戦で第31シードの選手を破り、この試合に臨んだ。

 一方、大坂は2回戦に続いて、左太ももにテーピングを巻いてのプレーだったが、出だしは冷静沈着なテニスが光った。パワーとスピードのあるグランドストロークは深く伸びがあり、さらにサービスの出来もよく、第1セットではファーストサーブでのポイント獲得率が86%と非常に高かった。コスチュクのサービスゲームを2回ブレークしてセットを先取してこのまま勝利へ突き進むかと思われた。

 しかし、第2セット第4ゲームで、約10分要しながら6回のブレークポイントを活かせずに、コスチュクのサービスキープを許すと、大坂のメンタルが少しずつ揺らぎ始める。

「第2セットのあのゲーム(第4ゲーム)は、ターニングポイントでした。とても長かったです。彼女(コスチュク)がサーブの時に、ものすごくいいプレーをしてきました。私は、いろいろなことをトライしましたが、彼女は答えを得たかのように対応してきて、私は彼女をコントロールできなかったです」(大坂)