2020.06.01

大坂なおみに足りなかったもの。
18年全豪で大きなイメージ変化があった

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

東京五輪&パラリンピック
注目アスリート「覚醒の時」
第16回 テニス・大坂なおみ
全豪オープンテニス大会(2018年)

 アスリートの「覚醒の時」――。

 それはアスリート本人でも明確には認識できないものかもしれない。

 ただ、その選手に注目し、取材してきた者だからこそ「この時、持っている才能が大きく花開いた」と言える試合や場面に遭遇することがある。

 東京五輪での活躍が期待されるアスリートたちにとって、そのタイミングは果たしていつだったのか......。筆者が思う「その時」を紹介していく――。

2018年全豪で大坂は、明るい表情で練習に臨み、試合もポジティブな姿勢で戦った 2018年9月、当時20歳の大坂は、全米(US)オープンで、自身初のグランドスラムタイトルを獲得し、日本テニスにおいて男女を通じて初めてシングルスのメジャータイトルを獲得した選手となった。

 続く2019年1月、全豪オープンの女子シングルスでも、日本人として初優勝を果たし、グランドスラム2連勝という偉業をやってのけた。同時に、日本人選手で初めてWTAランキング1位を記録し、21歳の若さで世界の頂点を極めた。

 今や大坂が、世界を代表するプロテニスプレーヤーであることは間違いない――。

 彼女のプレーを初めて見たのは、今から6年前の2014年4月29日、ITF岐阜大会の1回戦だった。