2019.05.26

大坂なおみ、リラックスして全仏へ。
目標は新コーチとの初優勝

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

ローランギャロスでの練習では好調なプレーを見せる大坂なおみ 大坂なおみ(WTAランキング1位/5月20日づけ)が、全仏オープン(ローランギャロス)で日本人初となるグランドスラムの第1シードを獲得し、またひとつ日本テニス界の歴史に足跡を残した。

 普段から「ランキングは自分の目標にはならない」と話す大坂だが、今回の全仏では、珍しく第1シードになることにこだわりを見せた。言葉を一つひとつ選びながら、その理由を語ってくれた。

「世界1位として、グランドスラムに臨むのは初めてです。(全仏は)とても大事な大会のひとつですから、そこでいいプレーをしたい。私にとって、グランドスラムは特別な場所で、ここでナンバーワンとして臨むことは、他の大会でナンバーワンとしてプレーすることと、大きな違いがあります。私の好奇心を満たしてくれることだと思っています」

 WTAローマ大会、準々決勝前に発症した右手親指付け根周辺の痛みが心配されたが、パリ入りしてからの大坂は順調に練習をこなしている。

「日に日によくなってきています。痛みなく動かせます。85%ぐらいかな。プレーの後に固まってしまう感覚はありますが、試合までに100%に回復できればと思っています」

 ボールの弾み方が高くなり、スピードが減速されるローランギャロスのレッドクレーは、球の速いコートを好む大坂にとって、簡単なサーフェスではない。4月下旬のWTAシュツットガルト大会のあと、大坂はラファエル・ナダルがスペイン・マヨルカ島に開校した「ラファ・ナダルアカデミー」を訪れて、レッドクレーでの練習を積んでさらなる進化を目指してきた。

「どのサーフェスでもいいプレーができればと思っています。ここ数年で、クレーでよりよいプレーする方法がわかってきましたし、今年は実際いいプレーができています。ここでどんな結果を残せるのか本当に楽しみです」

 大坂は、大会ドローのトップハーフに入り、1回戦で、アンナ カロリナ・シュミエドロバ(92位・スロバキア)と初対戦。

 勝ち上がった場合、2回戦では、エレナ・オスタペンコ(40位、ラトビア)とビクトリア・アザレンカ(44位、ベラルーシ)の勝者と対戦する。

 オスタペンコとの対戦成績は、大坂の1勝0敗で、2016年全仏1回戦では、大坂がストレートで勝っている。オスタペンコは、大坂と同じ21歳で、2017年ローランギャロスチャンピオン。また、アザレンカとの対戦成績は、大坂の1勝1敗。アザレンカは、2012年と2013年の全豪オープンチャンピオンで、元世界ナンバーワンだ。