2019.03.22

錦織圭が語る自身のコーチへの見解。
マイアミは相性良好で気分上々だ

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

慣れ親しんだマイアミの地で、リラックスして大会に入る錦織圭 錦織圭(ATPランキング6位/3月18日づけ以下同)は、グランドスラムに次ぐグレードであるマスターズ1000(以下MS)のマイアミ大会に10回目の出場を果たす。

 フロリダのブラデントンにあるIMGアカデミーに拠点を置く錦織にとって、マイアミ大会は、母国日本に次ぐ”第2の地元”のようなもので、成績の相性もよく、2016年大会では準優勝という結果を残している。

「ここ(マイアミ)は、ちょっとホームトーナメントのようです。いい結果も残していますし、いい思い出もあります」

 直近のMS・インディアンウエルズ大会3回戦で敗れた後、錦織は、一旦ブラデントンに戻り、休養をとって調整してからマイアミ入りをした。

「(テニスの)フィーリングは悪くないですね。普通に休んで、練習して、おととい(3月18日)こっち(マイアミ)に来ました。コートの感触はいいですし、今のところいい感じです」

 2019年からマイアミ大会は、会場をキービスケーン島から変更して、マイアミのダウンタウンの北側に位置するハードロックスタジアムに場所を移した。新テニスセンターのコート総数は30面。普段はNFLドルフィンズの本拠地であるアメリカンフットボールスタジアムの中に仮設スタンドを設けて、1万3800席のセンターコートを作った。

「スタジアム、でかいな、と。風も受けにくい見た目なので、やりやすい。コートもいっぱいあって、やりやすい環境かなと思います」

 今回はラファエル・ナダル(2位、スペイン)が右ひざのけがによって欠場したため、錦織は繰り上がって第5シードを獲得してトップハーフに入った。