2019.03.23

「カモーン!」削減で貝になる。
大坂なおみ、無表情モードで初戦突破

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 それは、無表情……あるいは無感情にすら見える佇(たたず)まいだった。

 マイアミ・オープン2回戦、第1セットをヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)に1ゲームも与えず、わずか22分で奪ったものの、第2セットは一進一退の攻防の末にタイブレークで失う。

 そうしてもつれ込んだ、ファイナルセット――。大坂なおみは第1ゲームで相手にポイントで先行されるも、その度に淡々とサーブを打つべくベースラインに向かうと、4本のエースを決めてキープする。さらに続くゲームでは、長い打ち合いにもじれることなく、相手のミスも誘いながらブレークを奪い、勝利に大きく前進した。

「心のスイッチ」を切り替えて勝利を掴んだ大坂なおみ ただ、その時にしても、彼女に興奮の色はない。喜びをも禁じ、心の振れ幅を最小限にとどめることで、彼女はネガティブな感情を封じ込めているようだった。 

 大坂が第3セットでこのような”無感情モード”を自身に強いた訳は、第2セットで覚えた悔いにある。

 このセットでの大坂は、第2ゲームで6度のデュースの末にゲームをキープした時、あるいは第5ゲームをやはり6度のデュースを重ねてブレークした時、いずれも「カモーン!」と大きな声を上げた。だが、いずれも直後のゲームを簡単に落とすと、徐々に負の感情に覆われていく。

「ラケットを投げたり、フラストレーションを溜めたり……コーチから言われていたことと正反対のことをしてしまったわ」

 試合後の彼女は、決まりが悪そうな笑みをこぼす。

 だから第2セットの後、彼女は「深く息を吸い、頭の中を整理した」。そうして、2度のグランドスラムタイトルを懐(ふところ)にする世界1位は、感情のスイッチを切った。

 大坂がこの”無感情モード”に入るのは、今回が初めてではない。最近で印象に残っているのは、なんと言っても全豪オープン決勝の最終セットだ。