2019.03.16

西岡良仁に拍手喝采。
「大人のテニス」で強豪撃破の小兵の哲学

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 BNPパリバ・オープン4回戦、西岡良仁はミオミル・ケツマノビッチ(セルビア)と対戦し、第1セットを4-6で落として第2セットが始まった直後、腰や背中の痛みで途中棄権を決断した。

 目には涙を浮かべ、痛む身体を引きずりコートを去る170cmの小柄な背に、客席から温かな拍手が降り注ぐ――。

 その光景は2年前、同じ「コート2」でスタン・ワウリンカ(スイス)を剣ヶ峰まで追い詰め、わずかに勝利に届かずコートを後にした、あの時と重なった。

グランドスラムに次ぐグレードの大会でベスト16進出を果たした西岡良仁 もちろん、3時間に迫る熱戦だった2年前と、腰の痛みのために第2セット開始と同時に棄権した今回では、状況は大きく異なる。それでも、いかなる時も試合をあきらめず、勝利への可能性をコート上で必死に探し求める真摯な闘争心が観る者の胸を打つ景色は、2年前を想起させた。

 グランドスラムに次ぐグレードのBNPパリバ・オープンで、西岡は第21シードのロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)らを破り、ベスト16へと進出。それは、わずか11カ月前には400位近くだったランキングを、再びキャリア最高に近づく60位台にまで引き上げる結果でもあった。

 2年前の3月末、試合中に左ひざの前十字じん帯断裂の大ケガを追った西岡は、手術と9カ月の戦線離脱を経て、昨年1月に復帰を果たす。だがその間、58位にまで上げたランキングは380位へと落ち、プロテクトランキングを使って出場した大会では、ことごとく初戦で上位選手と当たるドロー運のなさにも泣かされた。

 それでも自分を信じ続け、昨年9月には初のツアー優勝も掴み取る。ランキングも74位にまで戻し、2年前に大躍進を果たした思い出の地に彼は帰ってきた。

 スコアはストレートながら1時間43分を要したバウティスタ・アグートとの2回戦、そしてファイナルセットタイブレークにもつれ込む死闘となった3回戦のフェリックス・オジェ=アリアシム(カナダ)戦は、いずれも西岡のテニス哲学が相手を勝ったがゆえの勝利だった。

 今季、カタール・オープンを制するなど好調なバウディスタ・アグートは、表情を変えずに淡々と、しかし恐るべき粘り強さで、この3カ月間でノバク・ジョコビッチ(セルビア)をはじめ多くの上位選手を破っている。