2018.09.03

大坂なおみがベーグル2つで完勝。
ベスト8をかけて20歳対決に挑む

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

USオープンで初の4回戦進出を果たした大坂なおみ まさに3度目の正直で、大坂なおみは、初めてUSオープンのベスト16入りを決めた。

 グランドスラム今季最終戦となるUSオープン(全米テニス)の3回戦で、第20シードの大坂(WTAランキング19位、8月27日づけ/以下同)は、アリアクサンドラ・サスノビッチ(33位、ベラルーシ)を、6-0、6-0で破り初の4回戦進出を決めた。グランドスラム全体では、2018年オーストラリアンオープン以来の2度目のベスト16となる。

 3回戦で大坂は、第1セット第1ゲームで、いきなり0-40のピンチを迎える。しかし、「相手にいいショットを打たれた後は、自分の気持ちを立て直して、ポジティブにいられるよう心掛けました」と、4回のブレークポイントをしのいでキープに成功。

 その後は大坂のサーブやグランドストロークが冴えまくって、ワンサイドゲームになり、12ゲーム連取のわずか50分で4回戦進出を決めた。大坂は、ツアーレベルで初めて相手に1ゲームも与えない、いわゆる”ベーグル”を達成した。

「今日プレーしている時、スコアのことは考えていなくて、勝ち続けなければいけないことを考えていました」

 過去2年間USオープンで、いずれも3回戦で敗れて涙を見せていた大坂。昨年は、自分自身への期待が膨らむなか、思うようなプレーができず、後悔ばかりが先立つ涙だった。

 ついにニューヨークで4回戦に進出したことにより、大坂の過去2年間の厳しい経験が報われた形になった。

「ここ(ニューヨーク)での過去2年間の経験が報われたと思います。2年前はここで負けた後、東京の大会(東レ パン・パシフィックテニス)で決勝に進出しました。すべての負けから何かしら私は学んでいます。そして今、それらすべての経験が自分のプレーにいい影響を与えてくれていると思っています」