2018.08.17

穂積絵莉は全米よりアジア大会を優先。
「東京へのチャンスを取ります」

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

日本代表とグランドスラム優勝への思いを語った穂積絵莉 穂積絵莉/二宮真琴組は、グランドスラムの今季第2戦であるローランギャロス(全仏オープンテニス)の女子ダブルスで、惜しくも準優勝に終わったものの、日本女子ペアとして初めてグランドスラムの決勝を戦い、日本テニス史上に新たな足跡を残した。

 準優勝に輝いた女子ダブルスのひとりである穂積が、自分たちが成し遂げた快挙についてどう思い、今後はどういった目標を持ってテニスに取り組んでいくのか聞いてみた。

――準優勝プレートを手にした時、どんな感情でしたか?

穂積絵莉(以下、穂積)負けた直後で、表彰式の時はかなり悔しかったです。負けたこともそうなんですけど、(決勝で)いいプレーができなかったのも両方悔しかった。決勝まで来た喜びよりも、あの優勝トロフィーをもらいたかったなというのが正直な感想でした。でも、(準優勝の)プレートは、やっぱり重みがあって、これを手にできてよかったという思いもありました。

――二宮選手と日本女子ペアとして、初めてグランドスラムの決勝に進んだことに大きな意味があると思いますが、穂積選手はどう捉えていますか。

穂積 やっぱり日本人と組むのが好きですし、いろいろ話し合ったりとか、作戦を立てたりとかできるのが性格的にもすごく合っている。特に今回は同期で、一緒に勝ち上がれたのはうれしかったですね。(周りから)言われるまで知らなかったんですけど、やっぱり史上初もうれしかったです。

――全仏でのベストマッチは? 

穂積 選ぶのが難しいんですけど、うれしかったのは2回戦(2-6、6-2、6-0 アタウォ/グローネフェルド)です。今年の全豪2回戦(パートナーは加藤未唯)で当たって、ボコボコに負けて、嫌なイメージがありました。ドローを見た瞬間から1回戦を勝っても、次はあの2人かと思って、実際に第1セットが0-4になると、またかと(負けたときのことが)よぎりました。そのまま第1セットは落としてしまいましたが、真琴と話して、第2セット以降はいいプレーをできたのがよかったです。