2018.08.19

ダブルスで五輪を目指す二宮真琴。
「メダルを獲って人生を変えたい」

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

全仏以降の目標やテニスとの向き合い方について語った二宮真琴 二宮真琴は、同い年の穂積絵莉と組んだ女子ダブルスで、今年ローランギャロス(全仏オープンテニス)の決勝へ日本女子ペアとして初めて進出し、準優勝という輝かしい結果を残した。

 すでに2017年ウィンブルドン女子ダブルスではベスト4に進出していたが、その自己最高の結果を上回った。グランドスラムの決勝の舞台に初めて立ったことで、二宮は自分のキャリアに関してある重大な決断をパリで下すことになる。

 彼女が決断したときの心境やこれからの目標についてじっくり語ってもらった。

――全仏の決勝では敗れはしましたが、全体を通してどんな大会でしたか?

二宮真琴(以下、二宮)決勝には、正直行けるとは思っていなかったです。絵莉と2人で試合中にでも話し合っていたので、いつも前向きにできていたのが、だんだん結果につながっていったんだと思います。私はクレー(赤土のコート)が苦手で、絶対勝てないと思っていたんですけど、結果が出たので、意外にいけるのかなと思っちゃいました(笑)。

――穂積さんと日本女子ペアとして、初めてグランドスラムの決勝に進んだことに大きな意味があると思いますが、二宮さんはどう捉えていますか。

二宮 日本人同士でというのは、すごいことだと思うんですけど、私自身、グランドスラムの決勝にいけたということが驚きでした。まだ、そこにいく実力が自分にはついていないと思っていたので。でも、もっとやればできるんだということも感じることができました。

――全仏でのベストマッチは?

二宮 2回戦かな、あの試合は結構大きかったです(2-6、6-2、6-0 アタウォ/グローネフェルド)。第1セット0-4で、どうしようという状況でした。第1セットは落としたけど、こうやったら2ゲームを取れたよねとか、戦術を考えてまだいけるとか、2人で話し合ってできた試合が2回戦でした。

――穂積さんが前衛で二宮さんが後衛の陣形の時、二宮さんのフォアハンドトップスピンロブが効果的で、相手ペアの陣形を揺さぶっていましたよね。

二宮 手応えがすごくありました。昔からロブは使っていたんですけど、いつもより決まる確率が高かったと思います。ロブが決まるだけでなくて、ロブによって相手の返球が甘くなったところを決めてポイントが取れた。クレーでバウンドがより跳ねるので、フォアのロブは効くなと思って、相手の陣形も崩せるので、ロブを打てるときはどんどん使っていこうと話していました。

 感覚で打っているので、どうやって打つとかタイミングがどうとかは、わからないですけど、相手前衛がちょっと前に出るのが見えたら、打つようにしていました。あと、自分の打ったボールがサイドにいって、相手をコートの外へ追い出せたら、(ダウンザラインへの)ロブを使って、さらに相手を多く走らせるようした。自分の調子がいいと、相手の動きがよく見えるし、全体的な調子もよくて噛み合っていたんだと思います。