2018.06.04

錦織圭、トップ10復帰へ
「グランドスラム4回戦の壁」をブチ壊せ!

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

「期待はしていた分、やっぱり悔しいですね」

 落胆はない、でも満足もない、ドミニク・ティームに敗れて会見で試合を述懐した錦織圭の表情はそんな風に見えた――。

全仏オープン4回戦、ティームに敗れ、コートから去る錦織圭 ローランギャロス(全仏オープンテニス)4回戦で、錦織(ATPランキング21位、5月28日付、以下同)は、第7シードのティーム(8位、オーストリア)に2-6、0-6、7-5、4-6で敗れて、2年連続のベスト8進出はならなかった。

 過去の対戦では錦織の2勝0敗だが、2016年マスターズ1000・ローマ大会準々決勝以来、対戦がなく、ここ2年でティームはトップ10選手に成長を遂げて状況が変化しており、過去のデータは参考にならなかった。

「圭はどのサーフェスでも、ステップインして早いタイミングでボールを打ってくる。クレーでは、自分が有利になるように、圭をベースラインから少し後方に下がらせるようにしないといけない」

 試合前にこう語っていたティームは、武器であるフォアハンドストロークで、強力なトップスピンのかかった重いボールを深く打ち、プランどおりに錦織をベースライン後方へ下がらせてラリーの主導権を握った。

「足が動いていなくて、ティームの高い(バウンドで)重いボールに、雑な入り方をした。なかなか前に入って打てなかった」と錦織はラリーで後手に回りミスを強いられた。

 さらに、錦織を悩ませたのがティームの好調なサーブだった。「思ったよりフラット(サーブ)が多かったですね。もっとスピンを混ぜてくると思ったんですけど」と、錦織の予想に反して、ティームは時速210km以上の高速サーブを打ち込んできた。驚くべきことに本来リターンのいい錦織に対して、第1セット、第2セットのファーストサーブでのポイント獲得率はともに100%だった。