2018.01.19

スリムになった大坂なおみ、シード選手に
快勝して「6度目の正直」へ

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

 シード選手を倒して、3回戦進出を決めた大坂なおみ 20歳の大坂なおみが、2018年のメルボルンで着実に成長している姿を披露している。

 全豪オープンテニスの2回戦で、大坂(ATPランキング72位、1月15日付け、以下同)は、第16シードのエレナ・ベスニナ(19位、ロシア)を、7-6(4)、6-2で破った。これにより全豪で2年ぶり2回目の3回戦進出を決めるとともに、大舞台でシード選手を破る大物ぶりも見せつけた。

 大会4日目は、最高気温が39度に達する今大会一の暑さだった。しかし、アメリカ・フロリダ半島のフォートローダーデールに住む大坂は、「フロリダの方がもっと湿気があって、温度が高いと思う」と言って、ほとんどの人が燃えるような暑さだと感じていたにも関わらず、気にも留めなかった。

 そんな気象条件の中、試合がスタート。第1セット第4ゲームで、ベスニナの2回のダブルフォールトに乗じて、大坂が先にブレークに成功するが、サービング・フォー・ザ・セットとなる第9ゲームでブレークバックを許してしまい、お互いワンブレークでタイブレークに突入した。

 タイブレークではネットインしたボールが、大坂の味方をした場面があったり、大坂が2本連続のサービスエースを決めたりと、勝負どころで強さを発揮してセットを先取した。

 ベスニナがバックハンドを得意としているため、大坂はなるべくベスニナのフォアサイドへボールを集めた。そのことも功を奏し、続く第2セットでは、第3ゲームでベスニナのサービスゲームを40-0からブレークして一気に勝負を決めた。