2017.10.19

大坂なおみ、「憧れのビーナスに
勝てたんだから」と笑顔で今季終了

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

 その相手は、彼女がテニスを始めた「理由そのもの」だった――。

「もしビーナス(・ウィリアムズ)とその家族がいなければ、私はテニスをやっていなかったと思う」

 大坂なおみは、そう言い切ることを迷わない。

「私のお父さんはウィリアムズ姉妹に大きな影響を受けて、私たち姉妹にテニスを教えたんだもの」

ビーナスを破って満面の笑みを浮かべる大坂なおみ セリーナとビーナスのウィリアムズ姉妹が父・リチャードの手ほどきにより、幼少期からともに競い、やがてはふたりでテニス界を席巻するスタープレーヤーとなる……。その物語は、同じように歳の近いふたりの娘を持つ大坂の父に、多大な刺激と感銘を与えた。同時にウィリアムズ姉妹の存在は、ラケットを手にコートに立つ少女たちに、自分たちの「原点」としての敬意と憧憬(どうけい)の目を向けさせもする。

 大坂は言う。

「彼女たちは、私がテニスを始めた理由であり、テニスの有りようを変えた選手たちだとも思う。強烈なショットで試合を支配するパワーをテニス界に持ち込んだんだもの。私も自分をビッグヒッターだと思うから、彼女たちのプレーを参考にして今までテニスを続けてきたわ」

 ビーナスに向けてきたその敬意を、そして獲得してきたパワーテニスを、大坂は香港オープン2回戦での対戦で、あますことなく見せつけた。