2017.08.22

杉田祐一はコートで笑っていた。
全米オープン前に掴んだ勝利の方程式

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by Getty Images

「いやぁ、本当にうれしいですね。トップのツアーでのベスト8は、誇れることだと思っています」

 試合から約1時間が経った後も、彼の顔には勝利の瞬間の笑みが張りついているようだった。

マスターズ1000で日本人ふたり目のベスト8進出を果たした杉田祐一 シンシナティ・マスターズ3回戦で快勝し、掴み取ったベスト8の地位。現行の「ATPマスターズ1000」カテゴリーが導入された2009年以降、日本人選手がベスト8以上に勝ち進んだのは錦織圭に次いでふたり目の快挙である。前身の「チャンピオンシップ」シリーズ等を含めても、そこは松岡修造を含め3人しか辿り着いたことのない高みだ。

 思えば、今に連なる杉田祐一の躍進のロードは、1年前のこの大会から始まったと言えるだろう。

 昨年6月のウインブルドン予選での敗戦後、プロ10年目の27歳は「予選からでもATPツアーに挑む」と背水の陣に身を置き、北米の地方都市に足を運んだ。そして厳しい予選を勝ち上がると、本戦初戦では当時19歳の新鋭アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を熱戦の末に撃破。1日に2試合戦う厳しいスケジュールながら2回戦も突破し、3回戦ではミロシュ・ラオニッチ(カナダ)とフルセットの熱戦を演じてみせた。