ラグビー日本代表はトライ欠乏症 サモア戦のミスの原因をベテランが自己分析

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

【ミスの理由をベテランに聞く】

 日本代表は昨年11月、ワールドカップの予選プールDで対戦するイングランド代表に13-52で敗戦。その試合で見えた課題として、接点でのフィジカル強化は急務だった。そのため、6月の浦安合宿では柔術を専門とするタックルコーチを招聘して対策を行なった。その成果は、このサモア戦でも随所に出ていたことは間違いない。

 ただ、この試合ではノックオンによるボールロストがあまりにも多かった。稲垣啓太(PRプロップ/埼玉パナソニックワイルドナイツ)も「10回以上あったのでは......」と振り返るほどで、それが後半のノートライにつながったとも言える。

 敗戦の責任は、レッドカードをもらったリーチだけが負うものではない。姫野和樹(FLフランカー/トヨタヴェルブリッツ)や松島幸太朗(WTBウィング/東京サントリーサンゴリアス)といった、チームをリードしなければいけない選手もボールを落としていた。

 ミスが多かったことについて、ジョセフHCは厳しい口調でこう言い放った。

「(初キャップだった)福井翔太(FL/埼玉パナソニックワイルドナイツ)や長田智希(CTBセンター/埼玉パナソニックワイルドナイツ)ら若い選手たちは、本当によくやってくれた。ミスをしたのはマイケルら主力選手たちであり、若手ではない。

 ボールを落としているのは、経験豊富な選手たち。彼らもミスをするつもりはなかっただろうが、テストマッチではどうしてもプレッシャーがかかる。もっと改善しなければならない。だから、ミスをした選手が責任を負わなければならない」

 なぜ、これほどまでにミスが増えたのか。原因を選手に聞いてみた。

「経験ある選手が、焦らなくていいところでエラーがあった。しっかりと(ボールをキャッチするために)足をためないといけないのか、(選手同士の)幅を確認しないといけないのか......。いずれにせよ、ディテールを確認していけばミスはなくなる」(坂手)

 35歳のベテラン山中亮平(FBフルバック/コベルコ神戸スティーラーズ)は「何でだろう?」と首をひねった。33歳の稲垣は「自分たちのミスで不甲斐ない試合をしてしまった。インディビュジュアル(個人)の問題です」とキッパリと言いきった。

3 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る