2022.04.28

「リーチ マイケルの後継者」は早くも大学デビュー。花園を沸かせたスター高校生たちの現在地

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 冬の全国高校ラグビー大会で聖地「花園」を沸かせたスター高校生たち。季節は春になり、彼らは東西のラグビー強豪大学へと進学した。

 高校屈指だった選手たちも、大学で壁にぶつかることは少なくない。しかし、なかには早くも才能を発揮し、大学デビューを果たした選手もいる。そこで今回は、高校を卒業したばかりの注目大学生ルーキーを5人ほどピックアップしてみた。

倉敷高のティポアイールーテル・ラリーは関東学院大に進学倉敷高のティポアイールーテル・ラリーは関東学院大に進学 この記事に関連する写真を見る  4月10日、東京・秩父宮ラグビー場で東日本大学セブンズが3年ぶりに開催。明治大が筑波大を21−17で下して4連覇を飾ったが、決勝トライを挙げたのが1年生のWTB(ウィング)山村和也(兵庫・報徳学園)だ。リコーブラックラムズ東京でプレーするWTB山村知也は6つ違いの兄である。

 昨年度の花園、報徳学園は3回戦で敗退。優勝した東海大大阪仰星に敗れた。しかしながら、181cmの身長を生かしたステップとスピードを武器とする山村の存在感は大きく、セブンズのユースアカデミーに選ばれるだけでなく、15人制でも高校日本代表候補に選出された。

 SO(スタンドオフ)仲間航太(大阪・常翔学園)やCTB(センター)東海隼(滋賀・光泉カトリック)など、明治大には今年も有望な1年生が入ってきた。だが、そのなかで山村は唯一メンバーに選ばれ、さっそく紫紺のジャージーを身にまとっている。

「スピードを生かしたプレーでチームの勝利に貢献できてよかったです! すばらしい先輩方がたくさんいるので、盗めるところをたくさん盗んで、15人制でも紫紺のジャージーを着て試合に出続けられるように頑張ります」。入部早々、タイトル奪取に貢献した山村は初々しくこう話した。

 ふたり目は、筑波大のSH(スクラムハーフ)高橋佑太朗(茨城・茗渓学園)。4月17日に開幕した関東大学ラグビー春季大会の慶應義塾大戦で、途中出場ながらいきなりデビューを果たした逸材だ。