2021.10.24

定位置獲得へ。ラグビー日本代表の松田力也が進化をアピール「できる限りの準備をしてきた」

  • 松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

日本代表戦、3年ぶりの先発で好プレーを残した松田力也日本代表戦、3年ぶりの先発で好プレーを残した松田力也  スタジアムに国際試合ならではの熱気が戻った。新型コロナ感染予防で声援はないけれど、激しい拍手、手拍子、そして地鳴りのごとき応援ハリセンを打ち鳴らす音の渦。定位置獲りへの気概と進化を誇示したSO(スタンドオフ)松田力也(埼玉パナソニックワイルドナイツ)は静かにスタンドを見やった。27歳の言葉に悔しさと充実感がにじむ。

「ほんと勝てる試合だったのに......。すごく悔しい。いいコミュニケーションをとることで、ゲームをうまくコントロールできました」

 10月23日の大分・昭和電工ドーム大分。日本代表にとっては、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)以来、実に2年ぶりの国内テストマッチ(国代表戦)だった。観客はほぼ人数制限枠いっぱいの1万7千人。世界ランキング10位の日本は、同3位の豪州を土俵際まで追い詰めた。が、最後は23-32で突き放された。

 スタンドが大いにわいた。前半26分だ。豪州に2トライ(ゴール)を先行された直後だった。蹴り込んだキックオフのボールを確保して、日本は右に左にいいテンポで攻める。10フェーズ(局面)目。ラックからSH(スクラムハーフ)流大(東京サントリーサンゴリアス)が右にパスを出す。

 これを受けた松田が、オープンサイドの右WTB(ウイング)のレメキ・ロマノ・ラヴァ(NECグリーンロケッツ東葛)のコールに反応した。ディフェンスの陣形を瞬時に読み、右足でピンポイントの長いクロスキックを右タッチライン際へ。レメキが好捕し、体をうまくずらして右隅に飛び込んだ。

 松田は「外からいいコールがあったので」と笑顔で振り返った。

「思ったとおりというか、自分のスキルを信じて、コールを信じてプレーした。トライにつながってよかったなと思います」

 直後の難しい位置からのゴールキックを蹴り込んだあと、PG(ペナルティーゴール)も決めて1点差に詰め寄った。この日は持ち前のプレースキックが冴えた。(後半は簡単なPGを1本、外したが)

 試合後のオンライン会見。ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は「10番のリキ(松田)がよかった」と評価した。

「プレー、判断がバランス的にすごくよかった。ラインにボールを持って仕掛けていた。特に(トライを生んだ)クロスキックが象徴的で、リキの成長が読みとれた」

 クロスキック以外でも、持ち前のフィジカルの強さを生かし、タックルでは体を張った。スペースを見つければ、走って、また走った。たとえば、前半の終盤、こぼれ球をSH流からもらうと、右タッチライン際から内側に2度、鋭く切れ込んで前に出た。ボールをつないでいこうとの強い意志が見えた。