2019.10.07

姫野和樹のピンチをチャンスに変える力。
勝負どころでジャッカル!

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji
  • 齋藤龍太郎●撮影 photo by Saito Ryutaro

 次代のジャパンを担う若きリーダーが、地元で錦を飾った。

 19-12で迎えた後半13分、FWとBKが一体となってNo.8(ナンバーエイト)姫野和樹(トヨタ自動車)が左腕で抱えたボールをグラウンディングし、ワールカップ初トライを決める。その直後、約4万人の観衆が集ったスタジアムに、「ヒメノ、ヒメノ」という姫野コールが鳴り響いた。

チームメイトのトライに抱き寄せて喜ぶ姫野和樹「最高でしたね! 地元から愛されているのを実感しました!」

 姫野はトレードマークの大きな笑顔を見せた。

 10月5日、ラグビー日本代表(世界ランキング8位)はワールドカップ予選プール3戦目でサモア代表(同15位)と対戦した。前半から相手のフィジカルに苦戦したが、最終的に38-19で勝利して3連勝。その試合でMVP級の活躍を見せたのが、愛知県出身の姫野だった。

 試合前、姫野は冷静にサモア戦を分析していた。

「サモア代表にはフィジカルで負けない自信がある。そこが僕の仕事。アイルランドに勝って気持ち的におごる傾向にあるので、目の前のプレーひとつにフォーカスして準備してきた」

 サモア代表はこの試合、ボーナスポイントを取れずに負けたら決勝トーナメント進出が潰える。前半、日本代表はその勢いに押され、接点で後手を踏んで16-9とやや苦戦してしまう。

「前半は自分たちの形に持っていけないことがあった。サモア代表に接点でプレッシャーを受けていたこともそうですし、自分たちの反則が多くて流れを掴めないところがあった」(姫野)

 ハーフタイムには、規律を持ってプレーすること、ブレイクダウンの質を上げることを話し合った。しかし、その悪い流れも後半最初は断ち切れず、後半5分に相手のCTB(センター)ヘンリー・タエフにPG(ペナルティゴール)を決められてしまい、16-12と4点差に迫られる。

 このままでは、4トライ以上のボーナスポイントどころか、勝利も危うくなるかもしれない……。そんな嫌な空気が漂った。