2019.10.05

日本代表と対戦の可能性。
フィジカル大国・南アフリカの調子が上向きだ

  • 斉藤健仁●取材・文 text by Saito Kenji
  • photo by AFLO

 優勝候補の一角、フィジカル大国「ボッカ」がイタリアの夢を撃破した。

 ラグビーワールドカップも予選プール中盤から終盤にさしかかり、10月4日には静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアムでプールB注目の南アフリカ代表(世界ランキング5位)vsイタリア代表(14位)が行なわれた。

イタリア代表から2トライを奪ったチェスリン・コルビ 戦前の予想は、当然ながら過去優勝2回を誇る「スプリングボクス(ボッカ)」こと南アフリカ代表が優位と見られていた。ただ、南アフリカ代表は予選プール初戦でニュージーランド代表に敗戦(13−23)しており、この試合に負けると予選プール敗退の可能性も出てくる。

 一方、2連勝中(vsナミビア代表47−22、vsカナダ代表48−7)の「アッズーリ」ことイタリア代表は、最終戦にニュージーランド代表戦が控えている。予選プール2位で決勝トーナメントに進出するためには、何としてでも南アフリカ代表を倒すしかない。2年前の秋には、20-18で勝利している。

 また、この試合の勝者はプールBの2位となる可能性が高い。日本代表がプールAを1位で通過した場合は準々決勝でブールBの2位と対戦するため、日本のファンにも注目される一戦となった。

「ティア1」と呼ばれる世界の強豪同士が激突したプールBの大一番。国内外44,148人もの観客を集めてキックオフされた。

 試合は序盤から、南アフリカ代表がフィジカルを生かして優勢となった。ボッカを率いるラシー・エラスムスHC(ヘッドコーチ)が「今年の5~6試合は一貫性がなかったが、今日の試合はフィジカルが出せた」と話したように、FW陣が試合開始からエンジン全開。いきなりスクラムでプレッシャーをかけた。

 その勢いに押され、前半3分にイタリア代表の右PR(プロップ)が負傷交替。そのスクラムで得たペナルティから敵陣に入った南アフリカ代表は、ラインアウトを起点にボールを展開した。そして、「ポケットロケット」の異名を持つWTB(ウイング)チェスリン・コルビが相手ふたりをかわし、前半5分に先制トライを挙げた。