2019.06.24

大黒柱リーチ マイケルが代表に復帰。
不在ゆえのプラス作用もあった

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 恥骨炎からの、完全復活間近である。

 9月のワールドカップに向けて代表候補60名を42名に絞り、6月8日から宮崎で始まったラグビー日本代表合宿。ケガや遠征で参加していない6名を除き、唯一別メニューで調整していたのが、「ブレイブ・ブロッサムズ(勇敢な桜の戦士たち)」の大黒柱、FL(フランカー)リーチ マイケルだ。

宮崎合宿から練習に参加できるようになったリーチ マイケル 合宿当初、3カ月もグラウンドから離れていたリーチは、選手たちのタックル練習を羨望のまなざしで見ていた。ひとり黙々とランニングに精を出しながら、「ボールを持って走りたい!」気持ちを抑えていたという。そしてようやく、6月17日からスクラムやモールの練習に参加することができた。

「走るスピードは、ほぼ100%。まだ安心はしていないが、違和感はない。スクラムもPR(プロップ)から文句を言われていないから問題ない。今のところ大丈夫。これから少しずつ負荷をかけて、どれくらい股関節に影響するかを見ているところ。問題なければ、どんどん進めていく」

 練習後、リーチは険しい表情で語りながら、ややホッとした様子も見せた。

 日本代表はワールドカップ過去8大会で、いまだに決勝トーナメントに進出したことはない。それでも、リーチは「ベスト8」「ベスト4」、そして「出場するからには優勝を狙う!」と、徐々に目標を上方修正していった。それは、チームとして仕上がってきた自信の表われでもあるのだろう。ケガから完全復活すれば、リーチは日本代表の躍進に欠かせない選手となる。

 当初の予定では、リーチは今年1月に休暇を取った後、日本代表候補合宿や特別編成チーム「ウルフパック」を経て、4月からスーパーラグビーのサンウルブズで戦う予定だった。実際、3月上旬までは元気な姿を見せていた。だが、3月中旬の沖縄合宿中に恥骨炎を発症してしまう。

 恥骨炎とは、「グロインペイン」という呼び名でもよく知られており、サッカー日本代表の中山雅史、中村俊輔、長谷部誠なども苦しんだケガである。リーチはオーバーワーク、つまり筋トレのやり過ぎで発症してしまったようだ。リーチらしいと言えば、リーチらしいのだが……。