2017.06.19

俊足で俊英。医者を目指すラガーマン、
福岡堅樹を世界4位の強豪も絶賛

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 文武両道を貫いてきた「韋駄天」の輝きがさらに増している。

 6月17日、世界ランキング11位のラグビー日本代表は静岡・エコパスタジアムにて、2019年のワールドカップで同じプールAに入った世界4位のアイルランド代表と対戦した。アイルランド代表は主力11人がいない若手中心のメンバー構成だったが、それでもトップクラブでプレーする選手も多く、前半だけで4トライを許してしまう内容に。結果、22-50の大敗を喫した。

強豪アイルランド代表相手に1トライ・1アシストを決めた福岡堅樹 それでも試合終盤、持ち前のスピードを武器に輝きを放った日本人選手もいた。1トライ・1アシストと気を吐いた、WTB(ウインガー)福岡堅樹(ふくおか・けんき)だ。

 福岡は現在24歳だが、2015年のワールドカップと2016年のオリンピックに出場した唯一の選手である。試合後、アイルランド代表のキャプテンFL(フランカー)リース・ラドックが「頭に浮かぶのは福岡です。ボールに対する執念が私たちには脅威でした」と言えば、敵将のジョー・シュミット・ヘッドコーチ(HC)も「福岡が印象的だった」と名を挙げるほどの活躍を見せた。