2016.06.22

【7人制ラグビー】山田章仁が熱望
「リオ五輪しか見えていません」

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 イングランドで行なわれた昨年のラグビーワールドカップでは、ラグビー日本代表のトライゲッターとしてW杯3勝に大きく貢献。トップリーグのパナソニックでは3連覇を達成し、さらに今年2月、世界的なプロリーグ「スーパーラグビー」に参戦したサンウルブズでも、持ち前のステップと嗅覚でトライを量産。今季これまで9トライを挙げて、現在、トライ・ランキングでトップに立っている。

 リオデジャネイロ五輪メンバー入りを目指す山田章仁 山田章仁――。今やラグビー界だけでなく、日本のスポーツ界を引っ張るアスリートのひとりへと成長した。

 だが今年6月、山田は15人制の日本代表に参加することなく、北海道の大地を駆けていた。男子セブンズ(7人制ラグビー)の日本代表として、リオデジャネイロ五輪への出場を目指しているからだ。2009年にセブンズがオリンピック種目に決まった瞬間から、「出たい!」と思ったという山田。その心境に迫ってみた。

―― 15人制の日本代表に選ばれる前は、セブンズの日本代表として2006年アジア大会に出場して金メダルを獲得したこともあります。そんな山田選手が6月からセブンズに専念した理由とは?

山田章仁(以下:山田) もともと2015年はワールドカップ、2016年はオリンピック出場のために7人制に専念しようと思っていました。セブンズの経験はゼロでないですし、感覚もわかります。また、それを上回る経験と自信もありました。大学生のときに初めてセブンズの日本代表に選出されましたが、「日本代表」というカテゴリーに選ばれて嬉しかったですし、世界と戦うことも楽しかったですからね。