2014.08.27

【ラグビー】トップリーグ開幕! 指揮官も世界水準へ

  • 松瀬 学●取材・文 text by Matsuse Manabu
  • 高見博樹(T&t)●写真 photo by Takami Hiroki(T&t)

 晩夏の夜、はやラグビーのトップリーグ(TL)が開幕した。優勝の行方はもちろんだが、”世界”を知る名将たちのチーム作りも焦点のひとつである。昨季のトップ4、すべてのチームが新たな指導者を迎えて、さらなる飛躍を目指す。

今季のパナソニックは、オーストラリア代表監督も務めたロビー・ティーンズを指揮官に 8月22日の開幕戦。昨季二冠の青色ジャージのパナソニックは、赤いジャージの固まりの東芝の圧力に押され、26-39で敗れた。日本代表7人、スーパーラグビー(SR)組3人を擁しながら、スタートでつまずいた。

 よもやの敗戦にも、パナソニックの新監督、ロビー・ディーンズは淡々としていた。堀江翔太主将によると、新監督は決して、怒らない。試合後のロッカールームでは静かにこう、言ったそうだ。「きょうは相手の気迫がまさっていた。どうしてか考えよう。次はもっと気持ちを前に出せるようにしていこう」と。

 ある程度、こういった試合内容は予想できたことだった。昨季、日本選手権の決勝を含め、パナソニックに4戦全敗の東芝は必死だった。東芝のこの日のテーマが「エナジーとパッション(情熱)」(冨岡鉄平ヘッドコーチ)。ディーンズ新監督も「東芝が気持ちを前面に出してくると予想できた」と漏らす。