2014.09.12

【ラグビー】雪辱に燃える早大と明大、V6狙う帝京大に勝てるのか?

  • 松瀬 学●取材・文 text by Matsuse Manabu
  • 志賀由佳●写真 photo by Shiga Yuka

 さあ、ラグビーのシーズンがやってきた。トップリーグに続き、13日、関東大学の対抗戦、リーグ戦両グループが開幕する。焦点は、王者帝京大の6年連続の大学日本一が成るかどうか、である。昨季よりさらに戦力充実。とくにFW力がアップし、連覇への死角はまず、見当たらない。

帝京大対早大の練習試合。ボールを持って、突進する帝京大SH流大(ながれ・ゆたか)

 長野・菅平高原で開かれた夏合宿のテーマが『プレッシャー』だった。「いいプレッシャーを受けたら、いいプレーができる」と、帝京大の岩出雅之監督は言葉に余裕を漂わせる。「ここまでは、しっかりやり切ったので、あとは学生たちがシーズンでどう、熟成していくか、です。全体的にFWがオモシロくなりつつありますね」

 早大との夏の練習試合では、49-12と圧勝した。もう強いのなんの。タックルを受けても、なかなか倒れない。持ち前のフィジカルの強さを生かし、接点、ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)で優位に立ち、早大ディフェンスを蹴散らした。