2019.08.09

Tリーグで驚異の13連勝。早田ひなが成長できた要因を自己分析した

  • 栗田シメイ●文 text by Kurita Shimei
  • 池田清太郎●写真 photo by Ikeda Seitaro

初代MVP早田ひなが明かすTリーグ1年目と未来 前編

 Tリーグ初年度に、名だたるスター選手を抑え、最もインパクトを与えたのが日本生命レッドエルフの早田ひなだった。リーグ戦、プレーオフ ファイナルを通じて、13連勝という驚異的なレコードを記録し、初代MVPに輝いた。早田の卓球人としての土壌を形成した福岡県北九州市「石田卓球クラブ」で、激動の1年を過ごした彼女の素顔に迫った。

「Tリーグの中で強くなれた」と早田。初代MVPに輝いた――昨年度はチームを初代チャンピオンに導くなど、まさに大車輪の活躍でした。あらためてTリーグの初年度を振り返ってみていかがでしょうか?

「いつも日本生命で練習をしていたのですが、日本生命のメンバーと一緒に試合をするということは、それまでありませんでした。そんな中でTリーグができて、いつも一緒に頑張っているチームメートと試合をすることができたのは新鮮でした。それまでは世界選手権などの国際大会で選ばれたメンバーで1週間ほど合宿して、試合に向かうというくらいでしたから」

――幼少期の頃からよく知る平野美宇選手とも同じチームで汗を流しましたが、それも新しい感覚でしたか?

「そうですね。これまでも世界を舞台に戦うことは結構あったんですが、普段は距離も離れているので、試合前に合流するケースが多かったですね。(Tリーグでは)一緒にいるからこそわかりあえる、高めあえることもあり、私自身も刺激になることがたくさんありました。いろんなチームメートから技術や考え方といった良い部分をうまく吸収できたことが、成長につながったのかなと思います」

――昨シーズンは大きな躍進を遂げられたと思います。Tリーグが与えた影響はあったのでしょうか?

「Tリーグで強くなれたという感覚です。練習の中で変えたこともあったけど、試合でしかわからないこともあります。これまでは試合間隔が空くことが多かったんですが、Tリーグができたことで試合間隔が詰まり、試合の中で随時修正や確認をすることができました。その良い感覚のままプロツアーや国際大会に臨むことができたのは、大きかったですね」