2016.08.12

福原愛が喫した2つの敗北は、
団体戦への試金石となる!

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by JMPA

 福原愛には涙も笑みもなかった。準決勝と3位決定戦で、一方的に敗れたことはショッキングだったに違いない。それでも2日後にスタートする団体戦に今一度、気を引き締めるように、あふれる涙を、目を赤らめながらぐっと押しとどめていた。

「中国の方が応援してくださったり、ブラジルの方、日本の方……みなさんが喜んでくださる結果を残したかったんですけど、残念です」

準決勝と3位決定戦で敗れ、悲願のメダルはならなかった福原愛  午前中に行なわれた準決勝――ここまでの3試合をすべてゲームカウント4-0で勝利してきた世界ランキング8位の福原の相手は、ロンドン五輪の金メダリストである李暁霞(中国)。これまでの対戦成績は福原の1勝9敗である。

 第1ゲーム、先制のポイントは福原だった。だが、その後、9連続でポイントを失い、4-11で落とすと、気がつけば試合が終わっていた。

 クセのある回転のかかったボールをなんとか打ち返しても、さらに李からは鋭い回転のボールが返ってくる。ネットにかかるようなミスも続いた。緩急をうまく使われ、スマッシュの行方をただ眺めることしかできない場面が何度もあった。

 試合を通してわずか9ポイントしか奪えず、30分あまりで金メダルへの挑戦権を失った。

 すべて上だった。手も足も出なかった。福原もそう認めた。

「攻めていこうという気持ちで臨んだんですけど、1ポイント目のあと、連続失点してしまって。相手がすぐに気持ちを切り替えてきた。勉強になりました。パワー、回転……そういったものがすべて上回っていて、今まで対戦した誰よりも重いボールだった。すごいなと思いました」