2015.10.20

【ハンドボール】リオ五輪に向けて、「おりひめジャパン」いざ出陣!

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro 村上庄吾●写真 photo by Murakami Shogo

 今日、20日に名古屋で開幕したハンドボール女子のリオ五輪アジア予選。大会は日本、韓国、中国、カザフスタン、ウズベキスタンの5チーム総当たりで行なわれ、優勝チームが五輪出場権獲得となる。40年ぶりの五輪出場を目指す、ハンドボール女子日本代表”おりひめジャパン”に、五輪出場にかける想いを聞いた――

キャプテン本多恵。「この大会に勝つために、日本に帰ってきた」と 並々ならぬ決意で試合に臨む

 五輪出場にかける、それぞれの想いがある。

「リオのために全てをかけようと、やれることは全部やってきました。その想いを、気持ちをコートで表現したいと思います」

 デンマークで武者修行を積み、今年の春に帰国したキャプテンの本多恵(ソニーセミコンダクタ)は、そう言って胸を張った。1枚の五輪出場切符をかけ、最大のライバルとなるのが韓国。その強さをこう分析する。

「韓国は国際大会でメダルを取ると、選手は一生(の生活)を保証されるそうです。彼女たちは人生をかけている」
 
 では日本は、そんな相手に何を武器に戦おうとしているのか? 「五輪出場は私たちの夢です。オリンピックに出たからといって、私たちは将来を保証されるわけではありません。でも、私たちは今日まで積み重ねてきた練習に、日本らしい戦い方に誇りを持っています」
 
 身長160センチの本多は、「日本らしい」と強調した。「ハンドボールは圧倒的に大きい選手が有利な競技。ヨーロッパの強豪は、私と同ポジションの選手は190センチ台です。でも、だからといって身長は伸ばせない。だったら、日本は小さいことを武器に戦うしかない」