2021.02.12

36歳レブロン健在のレイカーズが連覇へ。西地区プレーオフ争いは混戦

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by AP/AFLO

NBA前半戦総括
ウェスタン・カンファレンス編

 NBAの2020-21シーズンも約1/3を消化。ウェスタン・カンファレンスでは、地区2位(現地時間2月10日時点。以下同)で昨季王者のロサンゼルス・レイカーズが、チームとしてダントツの高評価を得ている。レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビスという2大スーパースターを中心とするチームが、オフにデニス・シュルーダー、マルク・ガソル、モントレズ・ハレルらを加えてさらにパワーアップした。

絶対エースとしてレイカーズをけん引するレブロン絶対エースとしてレイカーズをけん引するレブロン  その中でも、チームを引っ張っているのはやはりレブロン。昨年末に36歳になった"選ばれし男"はハイレベルなパフォーマンスを継続し、今季のMVP最有力候補という呼び声も高い。

「レブロンがチームの雰囲気を作ってくれている。彼がそういう心構えで臨んでくれていることはチームカルチャーの助けになる」

 ヘッドコーチ(HC)のフランク・ボーゲルも、別格のリーダーシップと風格を感じさせるようになったレブロンをそう評している。

 長いシーズンを見据えてチームがペース配分をしている印象もあるが、レブロンが古巣相手に46得点を挙げた1月25日のクリーブランド・キャバリアーズ戦、後半に一気に点差を広げて勝利した2月4日の強豪デンバー・ナゲッツ戦などは迫力があった。"守護神"デイビスを軸に、ディフェンシブ・レイティングでリーグ1位と堅守を保っているのも心強い。2連覇を狙う王者はこのまま高勝率を保ち、プレーオフの時期に照準を合わせてくるはずだ。

 ただ、現時点でリーグのベストレコードを保持しているのはレイカーズではない。1月8日以降に16勝1敗と、圧倒的な勢いで突っ走るユタ・ジャズ(1位)が台風の目のような存在になっている。