2021.01.26

奇跡の集結から29年。初代「ドリームチーム」12人たちの今(後編)

  • 永塚和志●取材・文 text by Kaz Nagatsuka
  • photo by AFLO

 1992年のバルセロナ五輪。「絶対に不可能」と言われたNBAのスーパースターたちの共演が実現した。その名は「ドリームチーム」。12人の超一流プレーヤーがアメリカ代表の一員として集結した。

 あれから29年。マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソンがNBA・MLBの球団オーナーとして目立った活躍を続ける一方、地道にセカンドキャリアを歩む人物もいる。前編ではニューヨーク・ニックスの名センター、パトリック・ユーイングを紹介した。後編ではドリームチームに大学生で唯一選ばれたクリスチャン・レイトナーと、1980年代にブームを巻き起こしたクリス・マリンの今を追ってみた。

◆「初代ドリームチーム12人の今@前編」>>
◆ドリームチーム誕生秘話。「奇跡の12人」が集結した、知られざる真実>>

デューク大のスター選手だったクリスチャン・レイトナー 大学時代に華々しい実績を残しながらも、プロ入り後の評価が芳しくなかった初代ドリームチームメンバーがいる。12人のなかで唯一、大学生で選ばれたクリスチャン・レイトナーだ。

 名門デューク大出身のレイトナーは、1988年からの4シーズンすべてでNCAAファイナル4に出場。そのうち1991年と1992年には全米タイトル連覇に貢献している。

 ただ、レイトナーのドリームチーム入りには賛否があった。同じ大学生から選ぶのであれば、より優れたシャキール・オニール(当時ルイジアナ州立大)が選ばれるべきだという声が多かったからだ。

 その背景には、今もデューク大でヘッドコーチを務めるマイク・シャシェフスキー氏がドリームチームのアシスタントコーチとして入閣していたという政治的な理由もあったと思われる。オニールではなく自身が選ばれた理由について、レイトナーは2019年のラジオ番組で淡々とこう語っていた。

「自分が選ばれたのはプレータイムを要求しないから。(オニールだと)プレータイムを与えないといけなかっただろう」