2020.03.04

八村塁のベストゲームのひとつ。
MVP相手に守備で見せた成長の証

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by AP/AFLO

「(八村塁にとって)今日は今季のベストゲームのひとつだったと思う」

 ワシントン・ウィザーズのスコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)が、八村塁の働きをそう絶賛したゲームがある。現地時間2月24日、ワシントンDCで行なわれたミルウォーキー・バックス戦だ。

バックスのエース、ヤニス・アデトクンボ(右)とのマッチアップで奮闘した八村(左) この日の八村は12得点、4リバウンドと目を引く数字を残したわけではない。ウィザーズもオーバータイムの末にバックスに134-137で敗れている。それでも高評価を勝ち得たのは、八村がバックスの大黒柱ヤニス・アデトクンボを相手にディフェンス面で大健闘したからだ。

 アデトクンボは昨季にMVPを初受賞し、今季もこの日まで平均30.0得点(リーグ2位)、13.6リバウンド(同4位)をマークしていたスーパースター。オールスターのキャプテンも2年連続で務めるなど、通称”グリーク・フリーク(ギリシャの怪物)”は25歳にしてNBAの看板選手として確立した感がある。

 2年連続MVP受賞も有力と目されるそのアデトクンボを相手に、この日の八村は一歩も引かなかった。腰を落とし、機動力を生かし、相手の持ち味である迫力たっぷりのドライブを複数回にわたってストップ。「フィジカルなプレーを頑張ってできた」という本人の言葉どおり、体を張ったディフェンスからは断固たる決意が感じられた。