2019.03.28

W杯でドリームチーム結成へ。
渡邊雄太は日本代表に合流できるのか

  • 大島和人●取材・文 text by Oshima Kazuto
  • 松岡健三郎●写真 photo by Matsuoka Kenzaburo

 8月31日にバスケットボールの男子ワールドカップ(W杯)が中国で開催される。そして、9月5日には上海のメルセデス・ベンツアリーナで「ドリームゲーム」、つまり日本vsアメリカが行なわれる。日本バスケ界にとって史上最大のチャレンジだ。

昨年の9月に日本で開催されたイラン戦で出場した渡邊雄太 アメリカ代表は言わずと知れた本家ドリームチームで、選りすぐられたNBAのスター選手がプレーする。日本とは比べようもないほど超格上。(FIFAランキング、アメリカ1位、日本48位)

 とはいえ、日本も過去最強の代表がW杯に出場する。2018年4月に日本国籍を取得したニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)、NCAA屈指の逸材として注目をされている八村塁(ゴンザガ大)、日本人2人目のNBAプレイヤー渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)が揃ってコートに立つ。

 ここにファンが胸を躍らせる”我らのドリームチーム”が完成する。W杯予選では「ファジーカスと八村」「八村と渡邊」のワンペアこそあったが、スリーカードが揃うことは一度もなかった。

 日本バスケにとってコート内の戦いと同じく大切なのが、「コート外のネゴシエーション」だ。人材や強化日程の確保は地味な取り組みだが、結果に直結する。

 バスケ界は海外組の代表招集が他競技に比べて難しい。渡邊は24歳で、206cm、98kgのフォワードだ。左利きで、ハンドリングやシュートのスキルも持っている。長身、長いリーチは尽誠学園高(香川)時代からの武器だが、細身だった体はアメリカでの5年間でずいぶんと逞しくなってきている。間違いなく日本のトッププレイヤーだが、W杯予選は8試合中2試合しかプレーできていない。