2019.02.19

折茂武彦が日本バスケ界に提言
「目先の結果だけでなく若手育成も重要」

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

W杯出場へ。「世界で戦う」をキーワードに語る~折茂武彦 編~

 今夏のワールドカップ出場をかけて、男子バスケ代表は2月21日にイラン、24日にカタールとのアウェー決戦に挑む。出場が決まれば2006年の自国開催以来13年ぶりであり、自力では1998年以来、21年ぶりとなる。その両大会に出場しているのが、48歳で今もBリーグの第一線で走り続ける折茂武彦(レバンガ北海道)だ。

 今年の1月5日に国内トップリーグ通算1万点を達成したレジェンドは、ワールドカップ出場を目指す日本代表にエールを送ると同時に、自身が経験した「バスケ界が一丸となっていなかった時代を繰り返すな」と訴える。『世界で戦う』をキーワードに、3人の選手にワールドカップへの思い、世界舞台に出ることの重要性、これからのバスケ界について聞いた。インタビューのトップは折茂武彦。現役選手で唯一、二度も世界に打ちのめされた経験を持つ折茂だからこそ、今に伝えられることがある。

レバンガ北海道の社長兼選手として現役を続ける折茂武彦――折茂選手は大学生の頃から2009年まで日本代表の得点源として活躍してきました。どのような思いで代表戦を戦っていましたか

 僕にとって日本代表は特別な場所でした。日本にはバスケットボール人口が男女で60万人以上いますが、日本代表はその中の頂点にいるチームで、代表選手は12人しかなれないので、責任と自覚を持って戦わなくてはならない。国際大会は過酷なので、技術もメンタルもきちんと準備できる選手が出るべきで、そういうトップの12人が戦うのが日本代表です。

――1998年にはアジア2位で出場権をつかみ、2006年は開催国枠でワールドカップ(当時は「世界選手権」の名称のため、インタビューの答えは世界選手権のまま表記)に出場しました。世界に出て感じたこと、得たものとは。

 日本から出ていかなければわからない世界でした。世界選手権に出て、初めて自分たちのレベルが現実的にわかりました。それはある意味、衝撃的で「俺らって、こんなものなのか」と打ちのめされました。僕はずっと日本でプレーをして海外に出ることはなかったので、当時は得点を取ることでは自分が一番だとか、小さなプライドみたいなものに満足しちゃっていたんだなと感じました。でも世界を経験したからといって、すぐに何かを変えることは難しかったし、日本が急激にレベルアップすることは厳しいということもわかりました。98年は特にそう思いましたね。