2019.02.15

名門レイカーズの誤算。
トレード・デッドライン後、雲行きは怪しい

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • photo by AFLO

NBAトレード・デッドライン@ウェスタン・カンファレンス編

 多くのチームが思惑どおりに補強を成功させてトレード・デッドライン(トレード期限)を迎えたなか、明らかに負け組となったチームがある。それは、ウェスタン10位のロサンゼルス・レイカーズだ。

 トレード・デッドライン後、笑うのはレイカーズだと、誰もが思っていた。

「NBAトレード・デッドライン@イースタン・カンファレンス編」はこちら>>>

今季からレブロンが加わり、ついにレイカーズ復活かと思われたが...... 時間を巻き戻せば、現地1月29日、ニューオーリンズ・ペリカンズのアンソニー・デイビス(PF)の代理人が公(おおやけ)にトレードを要求したため、デイビスは労使協定違反でリーグから5万ドル(約550万円)の罰金を科せられた。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 もちろん、デイビスも代理人も労使協定の内容を知らないわけがない。つまり、罰金を科せられてもペリカンズを離れたいという、強い意思表明だ。そして、そのデイビスのトレード最有力候補と言われていたのが、レイカーズだ。

 昨年9月、デイビスはリッチ・ポールという人物と代理人契約を結んだ。デイビスの移籍の意思が固いことをメディアに伝えたこの人物は、レブロン・ジェームズ(レイカーズ/SF)の代理人としても有名である。また昨年、デイビスはロサンゼルス郊外に750万ドル(約8億3000万円)の家を購入した。それらの事実を照らし合わせると、デイビスがパープル&ゴールドのジャージーを着るは時間の問題と、誰もが思うだろう。

 デイビス獲得のためにレイカーズはなりふり構わず、驚くような条件をペリカンズに提示したと言われている。その内容とは、ロンゾ・ボール(PG)、ブランドン・イングラム(SF)、カイル・クーズマ(PF)、ジョシュ・ハート(SG)、イビツァ・ズバッツ(C)、さらにはドラフト1巡目指名権2枠を提示したというのだ。