2016.05.03

【NBA】最強ウォリアーズが恐れる、
伏兵トレイルブレイザーズの「強運」

  • 水野光博●文 text by Mizuno Mitsuhiro  photo by Getty Images

NBAプレーオフ2016@カンファレンス・セミファイナル展望

 いよいよNBAプレーオフはカンファレンス・セミファイナルへと突入した。ファーストラウンドから勝ち上がってきた8チームのうち、生き残る4チームはどれだ?

コートの横で戦況を見守る欠場中のステファン・カリー[カンファレンス・セミファイナル対戦カード]
【イースタン】
クリーブランド・キャブス(1位)対アトランタ・ホークス(4位)
トロント・ラプターズ(2位)対マイアミ・ヒート(3位)
【ウェスタン】
ゴールデンステート・ウォリアーズ(1位)対ポートランド・トレイルブレイザーズ(5位)
サンアントニオ・スパーズ(2位)対オクラホマシティ・サンダー(3位)

 レギュラーシーズン、73勝9敗――。今季のゴールデンステート・ウォリアーズの特出した強さを見せつけられると、多くのファンはプレーオフでもウォリアーズの独壇場が続くと予想したはずだ。

 しかし、アクシデントが発生する。ヒューストン・ロケッツとのファーストラウンド第4戦で、チームを牽引するステファン・カリー(PG)がコート上の汗でスリップし、右ひざを負傷。MRI検査の結果、手術の必要こそないものの、2週間後に再検査する運びとなった。つまり、順調に回復したとしても、カンファレンス・セミファイナルの第4戦あたりまで、ウォリアーズはカリー抜きで戦わなければならない。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。