2013.03.28

【NBA】デリック・ローズ抜きのブルズに勝算はあるのか?

  • 佐古賢一●解説 analysis by Sako Kenichi
  • photo by AFLO

 一番大事なことは、接戦で終盤を迎えたとき、「誰が、何をしないといけないか」をハッキリとさせることです。バスケットボールというスポーツは、攻撃の的が絞れていないと必ずといっていいほど接戦で負けてしまいます。だからブルズは、「困ったときには『デン』」というふうに、決まった形を作ることが必要です。万が一、そのプレイが失敗してもいいんです。大切なのは、デンに、「俺がファーストオプションなんだ」と自覚させること。そう意識させれば、デンもディフェンスに偏らず、たとえオフェンスで失敗しても、「次はファウルをもらってでも点数につなげよう」という気持ちになります。すべては、意識の問題なんです。

 レギュラーシーズンも、残り約10試合となりました。ブルズは現在5位。明るい材料は、プレイオフ圏外の9位まで落ちる可能性がほぼないので、割り切って残り試合をプレイオフへの準備に当てられることです。

 ファンとしてはブルズ復活の起爆剤として、「ローズ復帰」を期待したいところでしょう。練習には参加しているので、プレイオフからの復帰も可能性としては考えられます。しかし、テコ入れをするのなら、「ローズは帰って来られない」と割り切ったほうがいい。ただし、絶対的なエースがいなくても、エースは作らないといけません。それは、チームを統率するために欠かせない『バスケットボールのルール(決まり事)』なんです。よって、デンにはローズに代わるエースとして、真のリーダーとなってもらいたい。そしてデンがコートで自由に暴れるようなゲーム展開になれば、ブルズの勝機は見えてくると思います。


※現地3月26日現在


取材協力:WOWOW
2012-13シーズン好評放送中!人気カードを毎週5試合ハイビジョン生中継!
WOWOW NBA ONLINEはこちら


関連記事