2022.07.02

角田裕毅「二度とあんなミスはしない」。シルバーストンで2年目の真価が問われる理由

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by BOOZY

「モータースポーツの聖地」と謳われるシルバーストンは、F1マシンが最もF1マシンらしい走りを見せるサーキットのひとつと言われている。

 つまり、莫大なダウンフォースで圧倒的な速さで駆け抜ける中高速コーナーが連続するということだ。

 それは、アルファタウリにとって苦戦を意味する。

 AT-03は依然としてダウンフォース不足を抱え、フロントのグリップが不十分で、高速コーナーでは中団グループのライバルに後れを取ることが多いからだ。

角田裕毅は気まぐれな天気を攻略できるか角田裕毅は気まぐれな天気を攻略できるか この記事に関連する写真を見る  角田裕毅は第10戦イギリスGPを前に語る。

「厳しい戦いになるんじゃないかと思っています。僕らがいいパフォーマンスを出せてきたのは、モナコのような低速コーナーの多いサーキット。今回はアップグレードを持ち込むチームも多そうなので、僕らとしてはできるだけクルマからパフォーマンスを引き出していかなければと思っています」

 アルファタウリはエミリア・ロマーニャGP(第4戦)で改良型フロアを投入して以来、大きなアップグレードはない。今回のシルバーストンでも、地元イギリスのチームを中心に改良パーツを投入するチームが少なくないなか、アルファタウリはマシンに進歩がない。

 シーズン開幕前から抱えてきた空力性能不足に、大きな改善を果たせていないのが現状だ。

「正直に言って、その点に関してはあまり進歩はありません。ここまで大きなアップグレードは入っていませんから。なので、今後のアップグレードがその問題を解決してくれることを願っていますけど、今のところはその制約を抱えて走るしかありません。

 ただ、マシンに対する理解は深まってきています。(現状のマシンから)最大限にパフォーマンスを引き出すための方法は見えてきています」(角田)

 苦戦を覚悟していたスペインGP(第6戦)で入賞を果たしたように、アルファタウリは思わぬパフォーマンスを発揮する時もある。逆に、得意なはずのサーキットで思いどおりのパフォーマンスを発揮してくれない時もある。