2021.12.31

ハミルトンとフェルスタッペンはどちらがすごいのか? 元F1ドライバーが「速さ」と「メンタル」を比較

  • 川原田 剛●構成 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄、村上庄吾●写真 photo by Sakurai Atsuo, Murakami Shogo

中野信治インタビュー中編「ハミルトンとフェルスタッペンの強さ」

前編「F1のメディア戦略」>>


2021年シーズンのチャンピオンを争ったルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペン。ふたりはそれぞれメルセデスとレッドブル・ホンダという異なったマシンを操っていたにもかかわらず、毎戦、他のドライバーたちを置き去りにする圧倒的な速さを披露し続けた。圧倒的の強さの理由はどこにあったのだろう。DAZN(ダゾーン)で解説を務める元F1ドライバーの中野信治氏に語ってもらった。

2021年シーズン、激闘を繰り広げたハミルトンとフェルスタッペン。イタリアGPではクラッシュした photo by Sakurai Atsuo2021年シーズン、激闘を繰り広げたハミルトンとフェルスタッペン。イタリアGPではクラッシュした photo by Sakurai Atsuo この記事に関連する写真を見る

【異次元なふたり】

中野信治 フェルスタッペンとハミルトンの走りは、ひとことで言えば異次元でした。特に2021年シーズンのF1は戦略が多彩で、信じられないくらいの数のプランがドライバーに提示されました。しかも、そのプランが状況に合わせてどんどん変化していきました。そのプランに沿った走らせ方を完璧にできたドライバーは、このふたりしかいませんでした。

 エンジニアが計算したどおりのラップタイムをスティントの最初だけでなく最後まで刻み続ける集中力と技術。そういった部分でのすご味をフェルスタッペンとハミルトンからあらためて感じました。

 純粋な速さや反射神経に関して言えば、若いフェルスタッペンがハミルトンを上回っていると思います。走行データを見ると、一発のタイムをひねり出す時のブレーキやスロットルの使い方、ステアリングの切り方が、異次元のスピード感覚なんです。おそらく見え方やクルマの感じ方が他のドライバーとまったく違うんじゃないかと感じます。フェルスタッペンのこのスピード感覚は、天性の能力だと思います。

 ハミルトンは往年の圧倒的な速さはちょっと下り坂かなという印象ですが、それを補って余りあるくらいのメンタル面での成熟があります。2021年シーズンのハミルトンのメンタルコントロールは神がかっていました。

 単に速く走るだけではなく、何があっても動じず、まさに王者の風格で本当に安定してパフォーマンスを発揮し続けていました。そして、周りを動かし、味方につけることで、自分の有利に物事を進めていくことができていました。

ハミルトンとフェルスタッペンの激闘を語った中野信治氏 photo by Murakami Shogoハミルトンとフェルスタッペンの激闘を語った中野信治氏 photo by Murakami Shogo この記事に関連する写真を見る