2021.11.10

ホンダ、トヨタ、日産…三つ巴でスーパーGT最終決戦。奇跡の大逆転も可能性あり

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 残されたレースは、あとわずかふたつ......。大詰めを迎えた2021年のスーパーGTは、11月7日・8日に栃木・ツインリンクもてぎで第7戦が開催された。

 第6戦のオートポリスを終えた時点で、GT500クラスでドライバーズランキングのトップに立つのは、STANLEY NSX-GT(ナンバー1)を駆る"ホンダのエース"山本尚貴。しかし、この第7戦で山本は60kgのサクセスウェイトを背負うことになり、さらに同クラスで唯一燃料流量リストリクター(※)制限も加わったことで、決勝ではポイント圏外(12位)に沈んでしまった。

※エンジンに入れるガソリンの量を制限する装置。サクセスウェイト51kg以上から適用される。

終盤で2連勝を飾ったナンバー8のARTA NSX-GT終盤で2連勝を飾ったナンバー8のARTA NSX-GT この記事に関連する写真を見る  山本が決勝で苦しんだことにより、ライバルたちにはトップとのポイント差を一気に縮めるチャンスとなる。そこで名乗りを挙げたのが、カルソニックIMPUL GT-R(ナンバー12)の平峰一貴/松下信治と、ARTA NSX-GT(ナンバー8)の野尻智紀/福住仁嶺だった。

 まずは、スタートから積極的に順位を上げていった12号車がレースをリードした。しかし後半、8号車が追いつき残り10周は両者の差が1秒を切る接戦となる。

 このレースに勝てば山本との差を大きく縮められるため、12号車の平峰、8号車の野尻、ともに最後まで限界ギリギリの走りを見せた。ところが最終ラップ、12号車がガス欠症状に見舞われてまさかのスローダウン。結果、8号車が第6戦に続いて勝利を飾り、ドライバーズランキングもトップと5ポイント差の3番手に上がった。

 第7戦を終えてのドライバーズランキングは下記のとおり。

1位 山本尚貴(ナンバー1/STANLEY NSX-GT) 60ポイント
2位 牧野任祐(ナンバー1/STANLEY NSX-GT) 57ポイント
3位 野尻智紀/福住仁嶺(ナンバー8/ARTA NSX-GT) 55ポイント
4位 塚越広大/ベルトラン・バゲット(ナンバー17/Astemo NSX-GT) 52ポイント
5位 関口雄飛/坪井翔(ナンバー36/au TOM'S GR Supra) 44ポイント
6位 平峰一貴/松下信治(ナンバー12/カルソニックIMPUL GT-R) 43ポイント
7位 大嶋和也/山下健太(ナンバー14/ENEOS X PRIME GR Supra) 40ポイント